日本には、約3000万人以上の頭痛患者がいると言われています。
頭痛には、偏頭痛や緊張型頭痛、群発頭痛などの「一時性頭痛」と、脳出血などによる
「二次性頭痛」があります。
二次性頭痛の場合は、病院での早期発見・治療が大切になるため、突然起こる頭痛やそれまでに感じたことのない頭痛、呂律不全などを伴う場合は、まず病院で検査することをお勧めします。

あなたの頭痛のタイプはどれでしょうか?

  • 脈打つように痛む
  • 歩いたり階段を昇ったりするとひどくなる
  • 首や肩が凝る
  • ほっとした時に痛みがでる
  • 生理の時に痛みがひどくなる
  • 頭を締め付けるように痛む
  • 一日中、痛む(特に夕方)
  • 日常動作で痛みに変化はない
  • 長時間、うつむいている
  • 入浴や飲酒で痛みが楽になる
  • 眼球がえぐり取られるような激痛
  • 1時間程度、ほぼ同じ時間帯に発症
  • 涙や鼻詰まり、目の充血がある
  • 発症時はのたうち回るほど痛む
  • 毎年(数年ごと)同時期に発症する

偏頭痛とは・・・

片側のこめかみから側頭部にかけてズキズキ、ガンガン脈打つように痛みが走る症状で、特に女性が発症しやすいのが特徴です。
この頭痛は、1ヵ月に1~2回繰り返すと言われていますが、個人差があります。
そのため、頭痛薬を1度も飲まない週もあれば、数日間飲み続ける週もあります。
偏頭痛は、日常動作によって痛みがひどくなります。光や音、匂いに反応し、嘔吐を伴う場合もあります。
痛みを悪化させる要因を避け、暗く静かな場所で安静に過ごすことが大切です。

緊張型頭痛とは・・・

精神的な緊張や目の疲れなどから、肩や首の周りの筋肉がパンパンに張ってくることによって起きる頭痛のととで、後頭部や目の奥が痛いといった症状が出ます。
頭を締め付けられるような圧迫感や頭重感があり、我慢すればなんとか過ごせる場合も多いため、多くの方は市販薬で症状を抑えている傾向にあります。
ストレッチや首・肩のマッサージで楽になる場合がありますが、偏頭痛との合併がある方は揉み過ぎると偏頭痛が出ることがあります。

群発頭痛とは・・・

男性に多く発症し、年に1~2回(または2~3年に1回)期間は1~2ヵ月間、片側の目の奥に金づちで叩かれるような激しい痛みが起こります。目が充血して涙が出たり、鼻水が出たりする症状を伴います。
発症期間の1~2ヵ月を過ぎると嘘のように痛みが消えますが、数年経つとまた発症します。

頭痛から解放されたい!
でも自分に合うかどうか不安で連絡しようか迷っている・・・
そんなあなたに提案です。

キャンペーンバナー

期限5月31日まで

電話予約
メール予約バナー
電話予約

※当院は、1名ごとのタオル交換、手洗い、院内の除菌、換気などに十分配慮しております